地域密着ビジネスの無料相談

無料相談

あなたに最適な売上アップの方法を無料でプランニングします

日本の多くのビジネス(事業)は、地域密着型です。その多くの地域密着ビジネスは今、苦境に立たされています。なぜでしょうか?

結論から申し上げます。地域密着ビジネスの売上が上がらない原因はマーケティングが欠けているからです!

そしてマーケティングを導入するだけで、日本の多くの地域密着ビジネスで確実に売上が上がります。親子経営の住宅塗装店・瓦工務店・理容店・旅館・書店・・・など、今まで私がマーケティング導入支援をした地域密着ビジネスでは、平均すると年間1,000~2000万円の売上がアップしています。しかも、ほとんどが家族経営の個人事業です。

これは私が売上を上げたというよりも、元々これくらいの力があったのです。これはいかに地域密着ビジネスがマーケティングをしていなかったかということです。

マーケティングとは?

マーケティングとは、お客様やお客様になってくれそうな人に行う次の4つの活動です。

  1. あなたの存在を知ってもらう
  2. お客様自身が抱えている問題や不満・不安を認識してもらう
  3. 商品・サービスがその問題・不満・不安を解決できることを理解してもらう
  4. 自分に必要!欲しい!と思ってもらう

マーケティングは、地域密着ビジネスに定着していません。特に地方に行けば行くほどです。

なぜかというと、ある程度お客様が固定されていたからです。つまり地域の常連さんには、マーケティングをしなくても売れていました。しかしここにきて常連さんが、どんどん減っています。これが特に地方の地域密着ビジネスの経営を苦しくしている最大の要因です。

なぜ常連客が減っているのか?

常連客が減っている要因は次の3つです。

  1. 周辺人口の問題
  2. 街の分散化の問題
  3. ネット普及の問題

まずは周辺人口の問題。日本は全体的に少子高齢化が進み、人口も減っています。結果的に、今までの商圏にいるお客様の数が減りました。お客様の減少と共に売上も減少しています。地方の地域密着ビジネスでは、一番売上があった最盛期に比べ、現在は平均すると約半分に落ち込んでいます。

次に街の分散化の問題。これは特に地方都市の問題です。東京だと大抵駅の周辺が発展してます。しかし地方都市に行くと、駅周辺よりも郊外の方が発展している傾向にあります。駅周辺の商店街はシャッター街になっていることもしばしばです。

これは移動手段にも関係してます。東京などの都会の移動手段は、主に地下鉄やバスなどの公共交通機関です。地方の移動手段は、主にマイカーです。駐車場もなくせまい駅周辺の商店街よりも、少し離れた郊外の方がマイカー移動には便利です。郊外型の商業施設は、イオンなどの大型施設やチェーン店がほとんどです。そこに常連客が流れているからです。

最後はネット普及の問題です。ほとんどのお客様がスマホを持っています。ネットで情報収集してからお客様は行動するようになりました。これは街の分散化とも関連していますが、移動中にたまたまお店を見付けたり、ついでに寄っていこうとが、ほとんどなくなってしまいました。

ネットが普及するまでは、地域外の情報が入ってきにくく、慣れ親しんだ地域の中で買い物をしていまた。しかし、今は違います。スマホで情報収集をしながら、マイカーで移動して調べた結果一番良さそうな会社やお店に商品・サービスを買いに自ら訪問します。

以上の3つが地域密着ビジネスから常連客が減った理由です。

既存も新規も地域密着ビジネスにこそマーケティングは必要!

なので、既存も新規も地域密着ビジネスは商圏を広げていかなくてはなりません。そのために必須なのがマーケティングです。

信頼構築型ビジネス戦略の専門家 YAMATO代表 林 克典は、地域密着ビジネスにマーケティング導入を請け負っています。私のクライアントは、個人事業の方が多いです。一人で経営している個人事業の経営者も導入できています。平均すると現状の人員のまま、年間1,000~2,000万円程度、売上が伸びています。しかも利益率も!これがマーケティングの力です!

マーケティング導入事例

親子経営の住宅塗装店・瓦工務店・理容店・旅館・書店・・・など

もし、あなたのビジネス(事業)にもマーケティングを導入してみませんか?必ずあなたのビジネスが好転することをお約束します!

興味を持って頂けましたら、以下よりご相談ください。実際にあなたのビジネスに、どのように導入できて、どれくらいの結果が出るか?を導き出します。

地域密着マーケティング導入の無料相談はこちら

追伸
今、地域密着ビジネスにはピンチとチャンスが同時に来ています。ピンチは、商圏人口の減少(常連客の減少)、チャンスはほぼ無料でインターネットからお客様を集めること、販売することが誰でも出来るようになったことです。あとはやるか?やらないか?選択です。

是非一度、どのように可能性が広がっていくのか?無料相談で確かめられることをおすすめします!

地域密着マーケティング導入の無料相談はこちら