Facebook Marketing Boot Camp 金沢のシェア

Facebook Marketing Boot Camp 金沢のシェア

From:林 克典

昨日、Facebook ジャパン主催のセミナーに行っていきました。Facebookに興味がある人も、ない人にも参考になる気付きがあったのでシェアしますね。

気付き1:国内で2800万人ものアクティブユーザーを持つFacebookが地方のユーザーに会いに来ている

これは結構な衝撃でした。しかもスタッフも大勢で機材も揃っていて、満足度の高いセミナーでした。一方通行ではなく、コミュニケーションをとりながらエンゲージメント(ざっくり信頼関係)を高めるような感じでした。

私もさらにFacebookのファンになりました。きっと多くの参加者もそうでしょう。「楽しかった」「来て良かった」と言ってましたから。

気付き2:Facebookが中小ビジネス・地域密着ビジネスのプラットホーム(基盤)になる

Facebookのイメージは、友達とコミュニケーションを取るツールではないですか?まさにこの通りですが、我々ビジネスパーソンがこのイメージのままでは、大きな損をするでしょう。

Facebookをビジネスに活用すると、自分の商品・サービスに興味のある人に気付いてもらえ、興味を深めることができ、買ってもらう流れ(仕組み)を作ることができます。

私も信頼関係構築型ビジネス戦略の専門家として、中小ビジネス・地域密着ビジネスのコンサルティングをしています。多くの中小ビジネス・地域密着ビジネスの問題点は、マーケティングをしていないということです。

マーケティングとは、簡単に言うとお客様になってくれそうな人に、存在に気付いてもらい、自分に必要と思ってもらう、欲しくなってもらう活動です。

商品・サービス ⇒ 買ってください! よりも 商品・サービス ⇒ それ欲しかった! ⇒ 買いたい! となった方が良くないですか?これを実現するのがマーケティングです。

Facebookを使うと、このマーケティングが1日1,000円の小予算からスタートでき、短期間で結果を出すことが可能になります。しかも、Facebookは実名や住所や興味のあることなど、精度の高い個人情報を集めています。だから自分の商品・サービスに興味のありそうな人にのみ広告を出すことができます。本当にすごい!

気付き3:Facebookの大きな経済圏ができている

ASEANやユーロなど国同士が作っている経済圏よりも、Facebookは大きな経済圏を持っていると感じました。ざっとFacebookユーザー20億人、ASEAN人口 6億2000万人、ユーロ人口 3億2600万人です。Facebook傘下のInstagramユーザーも8億人います。

日本国内でみても、ユーザー2,800万人です。発行部数日本一の読売新聞でも購読者900万人です。私の住んでいる富山県でも、20万人くらいのユーザーがいます。富山県で発行部数が一番多い北日本新聞の発行部数は、約23万部。富山県でもFacebookを活用すれば、新聞広告や折り込みチラシよりも安く、そしてターゲットのユーザーにピンポイントで広告することができます。

都会よりも人口の少なく、人間関係が生きている地方での新規集客は結構大変です。でもFacebookを活用すれば、地方での新規集客も安く、そして速くできます。地方ビジネス復活の切り札にもなり得ますね!

まとめ

いかがでしたか?Facebookの凄さ、素晴らしさが伝わりましたか?Facebookは単に友達とコミュニケーションをとるツールというだけでなく、お客様やお客様になってくれそうな人とのコミュニケーションツール・セールスツールでもあります。

私もFacebookをさらに活用していきます。このコラムをご覧のあなたにも、ぜひビジネスに取り入れられることをおすすめします!

プッシュ通知を

無料eBook【信頼構築型ビジネス戦略で実現できる3つのこと】ダウンロードはこちら

また、LINE友達とMessenger bot読者も同時に募集しております↓

⇒ 信頼構築型メディア戦略の専門家 林 克典と友達になる

LINE・LINE@友達募集中!


Facebook Marketing Boot Camp 金沢のシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

中小企業・個人事業に強固な経営基盤を作る!長期安定型経営を実現する信頼構築型ビジネス戦略の専門家。必要なメディアや動画の制作も自ら手がける。考え方とやり方、それを実現するシステムまで提供するコンサルティングには定評がある。